WPS Office2で差し込み印刷を行うには以下の手順を行ってください。
※前提として、差し込み印刷は、差し込むデータ(データソース)が必要となります。以下のaddressbookというサンプルデータを元に説明いたしますので、ダウンロードしてお使いください。

<< addressbook>>

1.WPS Writerを起動し、メニューの「参照」から「差し込み印刷」アイコンをクリックします。

2.「差し込み印刷」ツールバーが画面に表示され、「データソースを開く▼」>「データソースを開く(E)」をクリック

3.WPS Spreadsheetsで作成した住所録のファイル「addressbook」を選択し「開く(0)」をクリック

4.シートが複数ある場合は目的のシートを選択します。ここではsheet1を選択します。

5.「差し込み印刷フィールドを挿入する」をクリック、データソースの内容を入力する場合は、「データベースフィールド」にチェックを入れます。

6.「データベースフィールド」にチェックを入れますとデータソースの項目が表示されます。

7.挿入したい項目を選択し、「挿入」をクリックします。<<氏名>>のように表示されます。この項目は大きさやフォントを変えたり、配置を変えたりすることが可能です。

8.挿入したい項目を挿入できましたら、「差し込んだデータの表示」をクリックします。

9.addressbookの一番最初の項目の「鈴木一郎」の情報が表示されます。

10.次のレコードを確認するには「次のレコード」をクリックします。

<はがきの宛名を差し込み印刷を利用して作成する場合>

1.WPS Writerを起動し、ツールバーの「レイアウト」より「設定」アイコンをクリックし、ページ設定(U) を選択します。

2.「ページ設定」のウィンドウ内の「用紙」タブを選択し、用紙サイズ(R)の枠にて「はがき」を選択してから「OK」をクリックします。

3.用紙は以下のように表示されます。
※余白はツールバーの「レイアウト」より「余白」アイコンをクリックして変更することが可能です。今般は「狭い」を選択しています。

4.テキストボックスを挿入し、フィールドを各テキストボックスに挿入します。

5.挿入ができましたら、「差し込んだデータの表示」をクリックします。
※テキストボックスの枠線は各テキストボックスの「図形オプション」より、「線なし」を選択すると非表示にできます。

6.最後に文字の大きさやフォントを変更し、「様」などのテキストをテキストボックスに追加入力することもできます。

繝上ぎ繧ュ6