WPS Officeを起動時に「指定したシリアルは登録されていないため、認証に失敗しました。」と表示される場合

WPS Officeを起動時にエラーメッセージが表示され「すぐに認証」ボタンをクリックしたあとに、以下のエラーメッセージが表示される場合がございます。 プログラムとシリアル番号のバージョンが合致していないことで表示されます。 例: 体験版に製品版のシリアル番号を入力している※PC購入時にインストールされているプログラムが体験版の場合上記事象に該当しますWPS Office 2のプログラムに、WPS OfficeやKINGSOFT Officeのシリアル番号を入力している インストールされているWPS Office 2のアンインストールをおこなったあと、シリアル番号に対応した製品版プログラムのダウンロード・インストールをおこなってください。 また、入力したシリアル番号によっては新しくシリアル番号が発行されます。新しく発行されたシリアル番号の入力まで操作を完了させてください。 各操作手順 <アンインストール手順> https://support.kingsoft.jp/wps2/wps-office2-uninstall.html <再インストール手順> https://support.kingsoft.jp/wps2/wps-office2install.html ※無償アップグレードをした方は、必ず新しく発行されたシリアル番号を保存し入力してください

2022-01-17T11:56:25+09:002022年1月6日|

WPS Office for Macアップデート情報

弊社では皆様からのご要望を元にWPS Office for Macの機能追加やバグ修正等を行い、定期的なバージョンアップを行っています。 シリアル番号をお持ちの方は、プログラムを上書きインストールしていただくことで、アップデートが可能となります。 今後もユーザービリティと製品の品質向上を図るため、ユーザーの皆様からのご意見を反映させるべく定期的なバージョンアップを実施する予定です。 インストール手順は下記ご参照ください。 【Mac】WPS Office for Macのインストール手順について https://support.kingsoft.jp/wps/wps_mac/mac_install.html アップデート情報 バージョン番号:3.1.1(6365)更新日:2021/11/29 アップデート内容 Mac OS Montereyにてクラッシュする問題の修正Apple M1、M1 Pro、M1 Maxに対応PDF加工機能を追加差し込み印刷機能の追加バックアップセンターの最適化印刷用紙サイズの修正脆弱性の修正ツールボックス機能の追加(自動セル充填機能など)画面録画機能の追加HD画質での出力機能に対応その他バグ修正

2022-01-11T16:48:32+09:002021年11月29日|

WPSアカウントの作成方法

WPS OfficeスマートフォンアプリでWPSアカウントをご利用のメールアドレスにて作成する場合は、下記手順にて作成をお試しください。 WPS Officeスマートフォンアプリを起動 アプリを起動後、画面下部の「サインアップ」をタップします。 規約に同意する メールアドレスとパスワードを設定し、「WPS オフィスクラウドサービス契約」をご確認いただき、「同意する」にチェックを入れていただいてから「サインアップ」をタップします。 確認コードを入力 設定したメールアドレス宛に確認コードが記載されたメールが届きます。届いた確認コードを入力し、「すぐに使う」をタップしてください。上記にて操作後、サインインがされている状態となるかご確認下さい。

2022-01-11T17:26:51+09:002021年3月25日|

【Mac】WPS Office シリアル番号の確認方法

所要時間: 1分. プログラムに入力されているシリアル番号は下記手順にて確認が可能かお試しください。 左上のタスクバーから「WPS Office」をクリック WPS Officeを起動し、左上のタスクバーから「WPS Office」→「シリアル管理」を選択します。 表示された「シリアル番号」の欄に表示されている番号を確認する シリアル番号の他に、認証状況・有効期限などの登録情報が表示されています。※WPS Officeを全画面表示にしているとシリアル管理画面が表示されない場合がございます。全画面表示を解除してから操作をお試しください。

2022-01-11T18:15:22+09:002021年3月12日|

【Mac】WPS Office 使用PCを変更する

WPS Office for Macを使用するPCを変更される場合は、ユーザー登録ページにてユーザー登録を行い、認証ページでシリアル番号の認証履歴を解除していただく必要がございます。 ユーザー登録ページにて、シリアル番号を入力 下記ユーザー登録ページにて、必須項目情報の入力と、製品名のプルダウンメニューより「WPS Office for Mac」を選択し、シリアル番号を入力してください。 認証履歴を解除する ユーザー登録後、ご登録されたメールアドレスに自動送信されたメールに記載されているURLをクリックし、購入した製品情報の画面にて、「解除する」をクリックすると認証履歴が解除されます。上記を行った後、旧PCからキングソフトオフィスをアンインストールし、新しいPCやリカバリー後のPCにダウンロード→インストールしてください。 WPS Office for Mac インストール・アンインストール手順 WPS Office for Macのアンインストール手順について https://support.kingsoft.jp/wps/wps_mac/macuninstall.html WPS Office for Macのインストール手順について https://support.kingsoft.jp/wps/wps_mac/mac_install.html

2022-01-12T17:01:37+09:002021年3月12日|

WPS Office for Android/iOSの認証について

平素はキングソフト製品をご利用いただき、誠にありがとうございます。 2020/11/12(木)より、WPS Office for Android/iOSにおいて正しく認証ができない事象が発生いたしております。 お客様にはご不便をおかけいたしまして、大変申し訳ございません。 ただいま修正作業をすすめておりますので、修正完了まで今しばらくお待ちくださいませ。 修正完了次第、こちらのページにてご案内をいたします。

2020-11-13T15:37:37+09:002020年11月13日|

【購入前にご確認ください】WPS Office製品版はインターネット接続環境が必要です

WPS Office につきましては、シリアル番号の認証をインターネットで行っておりますため、インターネット接続環境が必要となります。 インストール直後を含め、定期的に認証を行う仕様となっておりますため、認証のタイミングでインターネットの接続がない場合は認証されずWPS Officeが利用できなくなります。 また、会社でのご利用等で特定の接続先以外が許可されていないインターネット環境でも、弊社認証サーバーにアクセスができないためご利用になれません。 WPS Officeはインターネット接続のある環境でご利用ください。

2020-11-11T10:40:50+09:002020年10月10日|

【Mac】WPS Office for Macのアンインストール手順について

所要時間: 3分. WPS Officeのアンインストールをする場合は、下記操作をお試しください。 「Finder」をクリック 「Finder」をクリックし、アプリケーションへ移動します。 「アプリケーション」内の「WPS Office」をゴミ箱へ アプリケーション内の「WPS Office」アプリをゴミ箱へ移動します。 アイコンなどを削除 Dockにアイコンを登録している場合は、Dock上のアイコンもゴミ箱へ移動させてください。以上でWPS Office for Macのアンインストールが完了です。

2022-01-13T17:38:24+09:002020年6月24日|

デスクトップにショートカットを作成する方法(Windows 10)

Windows 10でキングソフトオフィスをご利用中の方で、 キングソフトオフィスのショートカットアイコンがデスクトップに表示されていない場合は、 以下の方法で、ショートカットアイコンを作成して下さい。   1.スタートボタンをクリックします 2.「Kingsoft Office」をクリックします   3.「Kingsoft Presentation」の上で右クリックをして「その他」→「ファイルの場所を開く」をクリックします   4.Kingsoft Officeのフォルダが開きますので、「Kingsoft Presentation」の上で右クリックをします   5.右クリックメニューから「送る」→「デスクトップ(ショートカットを作成)」をクリックします 6.デスクトップにショートカットアイコンが表示されます。 Kingsoft Spreadsheets、Kingsoft Writerも上記手順4~5と同様にショートカットを作成して下さい ※Personalの場合は、Kingsoft Spreadsheets、Kingsoft Writerのショートカットを作成して下さい  

2020-12-11T14:40:29+09:002020年6月9日|

KINGSOFTOffice2013で利用していた色を最新版でも設定したい場合

所要時間: 3分. KINGSOFTOffice2013で使用されていたカラーパレットの色を、最新のバージョンでも再現をしたい場合は、下記よりファイルをダウンロードし操作をお試しください。 「2013カラーパレット.xlsx」をダウンロードし保存 2013カラーパレットを設定しているファイルをダウンロードし、保存してください。2013カラーパレット.xlsx .WPS Spreadsheetsを起動し、ファイルを開きます。 .WPS Spreadsheetsを起動し、画面左上のメニューバーの「開く」より「2013カラーパレット.xlsx」を開きます。 利用したい色のセルを選択 利用したい色のセルを右クリックし「セルの書式設定」を選択表示されたメニューより「塗りつぶし」タブを選択後、「その他の色(M)」→「ユーザー設定」タブへ進みます。「ユーザー設定」タブを選択し、下部に表示されたRGB数値をご確認ください 選択した色を使用したいファイルに移動し、設定をしたい文字や図形を選択 フォントの色や塗りつぶしの色のアイコンより「その他の色(M)」→「詳細設定」タブを表示し、RGB数値を7.の手順で確認をした値に変更し、OKボタンをクリックします。 セルをそのままファイルへコピーしたり、スポイト機能を利用しても設定ができます。

2022-01-24T10:54:23+09:002020年6月9日|

WPS Officeで、認証失敗のエラーが表示され利用できない場合はこちら(「指定したシリアル番号は規定のユーザー数を超えたため、認証に失敗しました」と表示される場合もこちら)

WPS Officeを起動時に、以下のエラーメッセージが表示される場合は「すぐに認証」ボタンをクリックしてください。 「すぐに認証」をクリックした後に表示されるエラーメッセージによって、解消方法が異なります。 ■「指定したシリアル番号は規定のユーザー数を超えたため、認証に失敗しました」もしくは「指定したシリアル番号は現在認証をすることができないため、ユーザー認証ページより認証の解除をお試しください。」と表示される パソコン1台で利用しているかどうかご確認ください。パソコン2台以上で利用をしている場合はどちらか1台のパソコンからアンインストールをおこなってください。パソコン1台で利用していても表示される場合は、以下のURL記載の操作をおこなってください。 https://support.kingsoft.jp/wps/serialover.html ■「指定したシリアルはWPS Officeのこのバージョンでは利用できないため、認証に失敗しました」と表示される 体験版のプログラムに製品版のシリアル番号を入力しているなど、お持ちのシリアル番号に適応したプログラムがインストールされていない場合に表示されるエラーメッセージです。以下のURLにお持ちのシリアル番号を入力し、正しいプログラムをダウンロード・インストールしてください https://www.kingsoft.jp/office/switching/windows.html ■「指定したシリアルは登録されていないため、認証に失敗しました。」と表示される 旧製品のシリアル番号を、WPS Office2に入力しているか、お持ちのシリアル番号に適応したプログラムがインストールされていない場合に表示されるエラーメッセージです。以下のURLにお持ちのシリアル番号を入力し、正しいプログラムをダウンロード・インストールしてください https://www.kingsoft.jp/office/switching/windows.html ■「認証サーバーに接続できません」もしくは「インターネットに接続をしてから、再認証をお試しください。」と表示される お客様が使用されているネットワークにおいて、プロキシ設定などの外部へのアクセス制限が行われている可能性が考えられます。使用されているネットワーク情報の詳細をメールフォームからお知らせ下さい。 https://support.kingsoft.jp/contact ■その他のエラーメッセージが表示される場合 エラーメッセージの内容と、シリアル番号をお書き添えの上、メールフォームからお問合わせください。 https://support.kingsoft.jp/contact

2021-12-28T11:44:51+09:002020年6月9日|

【Mac】WPS Office for Mac 製品ユーザー登録について(2020年10月23日追記)

(2020年10月23日追記) WPS Office for Mac 製品ユーザー登録ができない状況でございましたが、現在はユーザー登録をおこなっていただけます。 ユーザー登録ができない状況が続いておりご不便をおかけいたしまして申し訳ございませんでした。 <シリアル番号のユーザー登録方法はこちら> https://support.kingsoft.jp/wps/wps_trouble/kso_userpage.html ・ ・ 平素より弊社製品をご利用いただき、誠にありがとうございます。 WPS Office for Mac 製品ユーザー登録についてですが、こちらは現在Mac版シリアル番号をご登録いただけない状況でございます。 お客様には大変ご不便をおかけし、申し訳ございませんが、ただいま改修作業中となりますので、改修完了次第のご利用再開となります。 改修完了後、利用可能な状態となりましたらこちらのページにてご案内をいたしますので、今しばらくお待ちくださいませ。

2020-10-23T18:21:37+09:002020年3月6日|

【Mac】WPS Office for Macのインストール手順について

WPS Office for Macにつきまして、下記手順にてインストール、起動を行ってください。   1.下記ページにてシリアルキー(番号)を半角英数字でハイフンを含め入力後、確認をクリックすることでインストールに必要な.dmgファイルを保存できます ■インストールに必要なファイルのダウンロードページ https://www.kingsoft.jp/office/switching/mac.html 保存したファイルをダブルクリックしてください 2.WPS Office製品使用許諾書をよくお読みいただき、「同意します」をクリック 3.左側に表示されるWPS Officeの青いアイコンを「Applications」にドラッグするとインストールが始まります 4.インストール完了後、表示されているウィンドウはすべて閉じてから、画面上部の「移動」タブをクリックし、表示されるメニューより「アプリケーション」を選択 5.表示されるウィンドウにて「WPS Office」の項目にカーソルを乗せ、Ctrlキーを押しながら左クリックするとメニューが表示されますので、こちらより「開く」を選択 6.下記画面が表示されましたら、「開く」をクリックして続行します 7.シリアル入力画面が表示されますので、お買い求めいただきましたシリアル番号を半角英数字でハイフンを含めて入力し、「有効化する」ボタンをクリック 以上の手順でインストールと初回起動作業が完了となります。

2021-11-29T15:20:41+09:002020年2月10日|

【Mac】イメージが認識できません/エラー22 引数が無効ですと表示される

WPS Office for Macにて、インストールの際に「イメージが認識できません」や「エラー22-引数が無効です」と表示される場合は、ダウンロードに失敗していたり、ZIPファイルの解凍が正しく行われず、インストールに必要なファイルが正しく保存されていない可能性が考えられます。 下記ページ手順よりインストールに必要なファイルのダウンロードのやり直し、インストールをお試しください。 ▼【Mac】WPS Office for Macのインストール手順について https://support.kingsoft.jp/wps/wps_mac/mac_install.html インストールに必要なファイルのダウンロードには、シリアルキー(番号)が必要です。 シリアルキー(番号)をご用意の上、操作をお試しくださいませ。

2020-02-21T16:26:22+09:002020年2月2日|

管理者以外のアカウントでWPS Officeが利用できない場合

弊社オフィスソフトは1台のPCでアカウントを切り替えてご利用いただくことは可能でございますが、インストールされているプログラムの形式によって、上記操作ができない場合がございます。 1台のPC内で複数アカウントでの利用の際、管理者権限では起動可能であるが、別のアカウント正しく起動できない場合、PC内にインストールされているWPS Officeが、デスクトップ形式のアプリではなく、ストアアプリ形式の内容である可能性がございます。 その場合は、管理者権限アカウントにて、デスクトップ形式のアプリを再インストールし、ストアアプリ形式のアプリをアンインストール後、 アカウントを切り替えてデスクトップ形式のアプリの起動をお試しいただく手順となります。 1.画面左下のスタートボタンをクリック 2.スタートメニュー内の「W」の欄をご確認ください 3.「WPS Office」のフォルダにアイコンが格納されているか、 WPS Writer/Spreadsheets/Presentationのアイコンが個別に表示されているかご確認ください 「WPS Office」のフォルダにWPS Writer/Spreadsheets/Presentationが格納されている場合はデスクトップ形式のアプリがインストールされております。 「WPS Office」のフォルダが存在せず、WPS Writer/Spreadsheets/Presentationのアイコンがそれぞれ「W」欄に存在する場合は、ストアアプリ形式のアプリのみインストールされております。 ストアアプリ形式のアプリのみインストールされている場合は、管理者権限アカウントにて下記よりデスクトップ形式のアプリのインストールをお試しください。 ■インストール方法 1.下記のサイトへアクセスし、シリアル番号を入力して確認ボタンをクリック ■https://www.kingsoft.jp/office/switching/windows.html 2.表示される「ダウンロード」ボタンをクリック 3.画面下に表示されるダウンロードバー内の「保存」をクリックしてダウンロードが 完了しましたら「実行」ボタンを押してください。 (また、ファイル名だけが左下に表示され、ボタンがない場合はダウンロードが 完了しましたら、画面左下のファイル名をダブルクリックしてください) 4.上記手順によりファイルを実行するとインストール手順へとお進みいただけます インストール手順については下記のサイトに画面キャプチャ付きで ご案内しておりますので、ご参照くださいますでしょうか。 ■https://support.kingsoft.jp/wps/ols_install.html なお、Windows 10(Sモード)のパソコンの場合は、Windows

2020-01-30T18:19:50+09:002020年1月30日|
Go to Top