WPSアカウントの作成方法

WPS OfficeスマートフォンアプリでWPSアカウントをご利用のメールアドレスにて作成する場合は、下記手順にて作成をお試しください。 WPS Officeスマートフォンアプリを起動 アプリを起動後、画面下部の「サインアップ」をタップします。 規約に同意する メールアドレスとパスワードを設定し、「WPS オフィスクラウドサービス契約」をご確認いただき、「同意する」にチェックを入れていただいてから「サインアップ」をタップします。 確認コードを入力 設定したメールアドレス宛に確認コードが記載されたメールが届きます。届いた確認コードを入力し、「すぐに使う」をタップしてください。上記にて操作後、サインインがされている状態となるかご確認下さい。

2022-01-11T17:26:51+09:002021年3月25日|

WPS Office for Android/iOSの認証について

平素はキングソフト製品をご利用いただき、誠にありがとうございます。 2020/11/12(木)より、WPS Office for Android/iOSにおいて正しく認証ができない事象が発生いたしております。 お客様にはご不便をおかけいたしまして、大変申し訳ございません。 ただいま修正作業をすすめておりますので、修正完了まで今しばらくお待ちくださいませ。 修正完了次第、こちらのページにてご案内をいたします。

2020-11-13T15:37:37+09:002020年11月13日|

WPS Office for Androidのインストールおよび認証方法

WPS Office for AndroidのインストールはPlay ストアにて行ってください。 Play ストアを起動し、「WPS」を検索し下記アプリのインストール作業を行ってください。 当アプリは、広告表示型のアプリのため課金およびシリアル認証をしないままでも基本機能はご利用いただけます。 なお、シリアル認証に必要なシリアルキー(番号)によって認証方法が異なります。 PC用としてお買い求めいただきました25桁のシリアルキー(番号)をお持ちの方は下記ページ手順をお試しいただくことで、広告を非表示にすることができます。 ■WPS Office for Androidにて広告を非表示にする方法 https://support.kingsoft.jp/wps/wps_app/wpsfanoad.html WPS Office for Mobile用の英数字12桁のシリアルキー(番号)をお持ちの方は下記ページ手順をお試しいただくことで、Premium版へのアップグレードをすることができます。 ■WPS Office for AndroidでPremium版対応のシリアル番号を入力する方法 https://support.kingsoft.jp/wps/wps_app/wpsfa_serial.html ※KINGSOFT Office for Androidのシリアル番号(数字12桁)をお持ちの方も、WPS Office for Androidに入力してご利用いただくことができます。

2020-12-11T14:40:30+09:002020年1月7日|

WPS Office for Androidにて広告を非表示にする方法

1. WPS Officeのアプリをタップして起動してください。   2. 初回起動時には広告表示システムについての確認画面が表示されますので、内容をお読みいただき「同意する」をタップすることでアプリが起動します。 3.Android6.0以上の端末では、許可を求める画面が表示されますので、「許可」をタップしてください。 4.WPSアカウントを作成します。画面下部のアカウントをタップし、「WPSへログイン」を選択してください。   5. アカウントサインイン画面が表示されますので、サインアップをタップし、アカウントを作成または連携してログインを行ってください。GoogleアカウントやFacebookアカウント等と連携し、ログインされることを推奨いたしております。 ※WPSアカウント作成方法はこちら 6. 設定したメールアドレスでサインインしていることを確認し、画面下部の「広告を非表示にする」→「シリアル番号の入力」からシリアル番号を入力してください。 以上で、広告非表示のためのシリアル番号認証操作は完了です。

2021-03-25T19:05:56+09:002018年4月21日|

WPS Office for iOSでファイルを画像で共有する

WPS Office for iOSで作成したファイルを画像で共有する場合は下記の手順をお試しください。 WPSアカウント設定がされていない場合は操作ができない可能性がありますので、先にWPSアカウントの設定を行なってください。 WPSアカウントの設定方法はこちら 1.アプリケーション一覧 より「画像にエクスポートする」をタップし、操作をしたいファイルが保存されているフォルダを選択 2.画像で共有をしたいファイルのタイトルをタップすると画面が切り替わりますので少々お待ちください 3.切り替わった画面にてテーマ/末尾署名/透かしの各項目の編集ができます ▼テーマの変更 ▼末尾署名は必要に応じて表示内容を選択できます ▼透かしとなるテキストの編集および表示形式が選択できます 4.編集が完了しましたら、画面右上の「保存と共有」をタップしてください。 画像として変換された内容がカメラロールに保存されます。  

2020-12-11T14:40:31+09:002018年3月23日|

WPS Office for iOSのWPS会員ログイン方法

WPS Office for iOSで課金オプションをご利用いただく場合には、Googleなどのアカウントと連携をするかWPS会員としてログインを行なってください。 WPS会員のログイン手順・新規アカウント作成手順をご案内いたします。 1.ご希望の課金種別の「購入」ボタンをタップし、「WPS」を選択 2.すでにアカウントをお持ちの場合はメールアドレス・パスワードを入力し、「Sign In」をタップしてログインをしてください。 新規アカウントを作成する場合は「Sign up」をタップし、次の画面で「名前」「メールアドレス」「パスワード」を設定してください。 ※パスワードは8文字以上、英数字をどちらも含めて設定してください 3.入力ができましたら「Sign up」をタップすると画面が切り替わります 4.登録したメールアドレスに届いたメールのURLをクリックし、「Use Now」をタップ 5.再度ログイン画面にてメールアドレスとパスワードを入力し、「Sign In」をタップ   以上でWPSアカウントの作成・ログインが完了となります。  

2020-12-11T14:40:31+09:002018年3月23日|

WPS Office for iOS Ver.8.2.2新機能について

バージョン8.2.2にて追加された新機能をご紹介します。 一部機能については課金またはWPSアカウントでのシリアル認証が必要となります。 <追加機能> ・PDF編集モード ・Spreadsheetsから電話をかける ・出力した画像に透かしを追加 ・手書きインクを追加 ・PDFファイルの圧縮 ・スマホでミーティング ・キーボードの明るさを自動調整 ■PDF編集モード PDFファイルにテキストボックス、図形、スタンプや手書き署名を追加することができます。 重要な内容に蛍光ペン、下線、取り消し線などを設定することができます。 ■Spreadsheetsから電話をかける セル内の電話番号をタップし、電話をかけることができます。 ■出力した画像に透かしを追加 ファイルを画像として出力し、透かしをスタンプとして挿入し、送信することができます。 ■PDFファイルの圧縮 ファイルの圧縮を使って、PDFファイル内の不要な部分を削除しファイル容量を減少させることができます。 ■スマホでミーティング "再生共有"を使って、複数のスマホで同時にPPTを再生することができます。 1.再生の途中でPPTの切り替えがスムーズに行えます。 2.受信者の端末で端末内のPPTを再生共有が可能です。  

2018-09-27T16:41:06+09:002018年3月23日|

WPS Office for iOSのインストールおよび認証方法

WPS Office for iOSのインストールはApp Storeで行ってください。 App Storeを起動し、「WPS」を検索し下記アプリのインストール作業を行ってください。 ■「WPS Office」 WPS Office for iOSでシリアル認証を行なう場合は、下記手順をお試しください。 1、WPSアカウントを作成 「アカウント」タブ上部の「今すぐログイン」をタップ後、ログインボタン下部の「Sign up」を選択し、 メールアドレスとパスワードを設定し同意するにチェックをいれてから「サインアップ」をタップ   2、設定したメールアドレス宛に届く確認コードを入力し「すぐに使う」をタップ後、PCまたは他モバイル端末にて下記ページよりお持ちのシリアル番号を入力し、QRコードを作成 https://www.kingsoft.jp/office/multi/multi-ios   3、作成したQRコードをiOSアプリから読み込みます WPS Officeアプリ内の「アプリケーション」タブの上部にある「QRコードをスキャン」をタップし起動。 必ずWPSアプリ内からQRコードスキャンをおこなってください。 下記のように作成したQRコードをiOS搭載の通常のカメラで読み込む作業ではWPS Officeのシリアル認証を行なうことはできません。 3.QRコードをアプリ内から読み込むことができましたら認証が完了です。 なお、QRコードを読み込んだ際にエラーが表示された場合はお手数でございますが、シリアル番号とエラーの内容を記載の上サポートセンターまでお問合せください。 https://www.kingsoft.jp/contacts/kso    

2021-12-02T15:31:54+09:002018年3月23日|

添付ファイルをWPS Office for iOSで開く

メールで添付されたファイルをWPS Office for iOSで開く場合は、iPhone/iPadのデフォルトのールアプリをご利用ください。 1.メール内の添付ファイルのアイコンをタップし、ファイルをメールアプリ内でプレビュー表示をします 2.プレビュー画面の右上の矢印のアイコンをタップし、表示されたメニューより「WPS Officeにコピー」をタップ   3.WPS Office for iOSアプリが起動し、シートの編集画面に切り替わります   また、その他メールアプリでメールを開いた場合、WPS Office for iOSでは開くことができないアプリもございますので、恐れ入りますがメールにてファイルを開く際はデフォルトのメールアプリをご利用ください。 <例>

2020-12-11T14:40:31+09:002017年12月10日|

WPS Office for iOS Ver.8.00新機能について

バージョン8.00にて追加された新機能をご紹介します。 下記機能はツールの項目内にございます。 一部機能については課金またはWPSアカウントでのシリアル認証が必要となります。 <追加機能> ・画像で共有 ・PDFをDOCに変換 ・PDF結合 ・ファイルの圧縮 ・ファイルスキャナー   ■画像で共有 Writer、Spreadsheets、Presentation、PDFの4つの書式のファイルを画像として端末内のアルバムに保存し、共有することができます。 ■PDFをDOCに変換 PDFファイルのデータをDOC形式に変換し、編集をすることができます。 ■PDF結合 複数ページのPDFファイルのうち、特定のページのみを選択し1つのファイルとして保存をすることができます。 また、複数のPDFファイルを1つのファイルに結合することができます。 ■ファイルの圧縮 容量の大きいファイルを圧縮し、容量を小さくすることができます。 ファイルを圧縮することにより、転送等の速度が速くなります。 ■ファイルスキャナー カメラで撮影し、スキャンしたデータをPDFファイルとして保存をすることができます。 また、一括で複数のページをスキャンし、1つのファイルとして保存をすることができます。  

2018-09-27T16:41:50+09:002017年12月10日|

WPS Office for iOSでファイルを保存する際の注意点

WPS Office for iOSで編集したファイルは端末には保存されません。 WPS Office for iOSアプリ内に保存されるため、アプリのアンインストールを行なった場合はファイルが削除されます。 そのため、ファイルはクラウドに保存をすることをおすすめします。 ■ご利用いただけるクラウド一覧 ・Drop Box ・Google Drive ・Box ・WebDAV ■WPS Office for iOSでクラウドに保存する方法 https://support.kingsoft.jp/wps/wpsfi/cloud.html  

2019-10-23T17:38:46+09:002017年10月30日|

WPS Office for iOSのバックアップ機能について

WPS Office for iOSにはバックアップ機能がございます。 ファイル編集時にアプリが強制終了した場合や、端末の電源が切れた場合などファイルが保存されない状態でアプリが終了した際に復元をすることができます。 前回起動時にファイルが保存されず、アプリが終了した場合は次回起動時にメッセージが表示されます。 「開く」をタップすると該当のファイルが起動します。 他のバックアップデータを確認する場合は下記の手順をお試しください。 1.画面右下のアシスタント」のアイコンをタップ 2.表示されたメニューより「バックアップと復元」を選択 3.「破損したファイル」をタップするとファイル一覧が表示されます ご利用端末により、バックアップデータの表示方法が異なります。 <iPad> 1.画面右下の「アシスタント」をタップ 2.「バックアップリカバー」または「バックアップと復元」を選択 ※ご利用アプリバージョンにより表示が異なります 3.画面右側に破損したファイルが表示されます    

2020-12-11T14:40:31+09:002017年10月30日|

WPS Office for iOSでファイルをクラウドに保存

WPS Office for iOSでは、クラウドにログインをすることで保存先としてクラウドが選択できるようになります。 <クラウドにはログインしていない状態> クラウドにログインをしていない場合は、保存先としてはアプリ内のみ選択可能です。 クラウドへ保存をするためには、事前にクラウドサービスへのログイン作業が必要です。 <iPhoneでのDropBoxへのログイン> アプリ起動画面の下部より「クラウド」のアイコンをタップし、ログインをしてください。 <iPhoneでのその他のクラウドへのログイン> アプリ起動画面の下部より「クラウド」のアイコンをタップし、ログインをするクラウドサービス名欄の「+」マークをタップしてください。 各サービスのログイン画面へ遷移されましたら、情報を入力しログインしてください。   <iPadでのクラウドへのログイン> アプリ起動画面の左側より「アプリケーション」のアイコンをタップし、「その他のサービス」の「クラウド」を選択してからログインをするクラウドサービス名欄の「+」マークをタップしてください。 各サービスのログイン画面へ遷移されましたら、情報を入力しログインしてください。 クラウドサービスへのログイン後に「名前をつけて保存」を選択すると「その他」の項目が表示されますので、「その他」を選択、「参照」をタップし使用するクラウドサービスをお選びください。   選択したクラウドサービス内にフォルダが設定されている場合は、保存先となるフォルダを詳細に選択することができます。 選択したフォルダ名が保存先として表示されていることを確認し、「保存」をタップしてください。    

2021-07-15T11:48:27+09:002017年10月30日|

WPS Office for iOSのWriterで画像を挿入する

WPS Office for iOSのWriterで画像を挿入する場合は以下の操作をお試しください。 1.画像を挿入位置でカーソルが点滅している状態で画面下の「+」マークをタップし、既存の画像データまたはカメラを起動して画像を選択もしくは撮影します。 2.挿入した画像を選択し画面下の上向きのマークをタップすると編集メニューが表示されます。 画像の表示順序や、文章内での表示位置、文字列の折り返し設定ができます。 文字列の折り返しは「上下」「四角」「行内」のみとなります。  

2020-12-11T14:40:31+09:002017年9月8日|
Go to Top