「指定したシリアルは登録されていないため、認証に失敗しました。」と表示される場合

WPS Officeを起動時にエラーメッセージが表示され「すぐに認証」ボタンをクリックしたあとに、以下のエラーメッセージが表示される場合がございます。   プログラムとシリアル番号のバージョンが合致していないことで表示されます。 例: ・体験版に製品版のシリアル番号を入力している

2021-06-23T15:47:13+09:002021年6月23日|

オールインワンモードに切り替える方法

WPS Office 2は、オールインワンモードに切り替えることで、Writer・Spreadsheets・Presentation・PDFのアプリケーションを1つのウインドウで開くことができます。 (クラシックインターフェースでは、オールインワンモードは利用できません) 1.Writer・Spreadsheets・Presentationのいずれかのアプリケーションを起動し、右上の「設定」をクリックします  

2020-12-11T14:40:29+09:002020年6月23日|

WPSは動作を停止しました、と表示されて正常に起動しない場合

Writerを起動した時に「WPSは動作を停止しました」と表示される場合は、以下の項目をご確認ください。 【互換性にチェックを付けて動作するか確認する】 Writerのアイコンを右クリックして、「プロパティ」を選択後、「互換性」のタブから「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックを入れてください。 チェックを付けた後、正常にWriterが動作するかどうかご確認ください。 ※互換モードは以下の内容を選択ください。 Windows

2021-02-03T19:23:46+09:002020年6月9日|

アップデートをしたらファイルの関連付けが変わってしまいました

アップデート後、最初の起動時に「関連ファイル」のメッセージが表示される場合があります 他のオフィスソフトなどと併用されている場合、ファイルの関連付けの設定はアップデート後も維持されますが、初回起動時に以下のようなメッセージが表示される場合があります。 こちらで「OK」をクリックしてしまうと、WPS Officeがデフォルトのオフィスソフトに設定されます。 関連付けを変更したくない場合は、「次回から起動時に確認しません」のチェックを付け、OKをクリックしてください。 次回より表示されなくなります。

2020-12-11T14:40:29+09:002020年6月9日|
Go to Top