Chatbotへのお問い合わせ

Chatbotへいただきましたお問い合わせをご紹介します。 WPS Office 全般 Q.「指定したシリアル番号は既定のユーザー数を超えたため、認証に失敗しました。」「WPS Officeの認証エラーが発生しました。」とエラーが表示される。 「すぐに認証」をクリックした後に表示されるエラーメッセージによって、解消方法が異なります。下記ページより各メッセージごとの操作をお試しください。▼WPS Officeで、認証失敗のエラーが表示され利用できない場合https://support.kingsoft.jp/wps/sippai.html Q.シリアルの入力方法がわからない、製品を購入したのに、体験版という表示が出る。 WPS Officeは、製品用シリアル番号を入力することで、製品版へ切り替えてご利用いただくことができます。体験版を一度でもインストールしているPCの場合、製品版プログラムを再インストール後も体験版として起動しますが、体験版プログラム内へシリアル番号を入力し、ソフトを再起動することで体験版の表示を消すことができます。下記手順よりシリアル番号をご入力ください。1. WPS Officeの3つのソフトから、どれか1つを起動して下さい。2. 画面右上のヘルプアイコン(?マークのボタン)をクリックして下さい。3. 表示されたメニューより「シリアル管理」をクリックして下さい。  ※クラシックインターフェースの場合、「ヘルプ」→「シリアル管理」とクリックしてください。4. ユーザーアカウント制御の画面が表示されたら、「はい」をクリックして下さい。5. 「シリアル管理」の画面が表示されます。「追加」をクリックすると、シリアル入力欄が表示されるので、お持ちのシリアルキー(番号)をすべて半角英数で入力して下さい。6. 入力が終了したら「OK」をクリックし、「シリアル管理」の画面も「OK」で終了して下さい。 Q.シリアル番号を確認したい。 WPS Officeいずれかのプログラムが起動可能な状態の場合は、下記手順よりシリアル番号をご確認ください。1.WPS Officeのソフトをどれか1つ起動してください2.ソフトが立ち上がりましたら画面右上の小さな「?」マークのアイコンをクリック3.表示されるメニューの中から「シリアル管理」をお選びください(ソフトのデザインがリボン形式ではなく、クラシックタイプをご利用の場合は「?」マークではなくツールバーの中から「ヘルプ」を選択⇒「シリアル管理」を選択)4.ユーザーアカウント制御が表示されましたら「はい」でお進みください5.「シリアル管理」の画面が表示されます6.「登録済みシリアル」の欄に表示されている英数字混合の5桁×5ブロックの文字列がお客様のシリアル番号となります(※※2段以上表示されている場合は「VLR~」始まるものは、体験版に自動的に振られるシリアル番号でございますので、こちら以外がお客様のシリアル番号でございます) Q.ファイルを削除してしまった、ファイルを復元したい、ソフトが強制終了してしまった。 ファイルをデスクトップやドキュメント上から、ゴミ箱へ移動をしてしまっただけの場合は、ゴミ箱をご確認いただき、該当ファイルを元に戻す操作をお試しください。また、文書編集画面にて文書をすべて白紙にして上書き保存をしてしまったり、ゴミ箱が空になってしまっている場合は下記手順をお試しください。1.Writer/Spreadsheets/Presentationいずれかを起動2.画面左上のタイトルバーをクリック3.表示されたメニューより「ドキュメントの回復」を選択4.画面右に表示されたワークウィンドウにて「バックアップ表示」をクリック5.表示されたフォルダにて、ファイル名と更新日時をご確認ください6.該当するファイルがございましたらダブルクリックで起動7.復元をしたいデータが残っておりましたら、画面左上のタイトルバーをクリック8.表示されたメニューより「名前をつけて保存」をクリック9.ファイルの場所を「デスクトップ」や「ドキュメント」に変更10.ファイル名を変更し、保存をしてください上記操作にてファイルの復元をすることができますが、バックアップファイルが残っていなかった場合は、復元をすることはできかねます。▼バックアップファイルの場所についてhttps://support.kingsoft.jp/wps/wps_p/backup.html Q.WPS Office 777種類のクリップアートが表示されない。 体験版をもともと利用しており、製品版の再インストールが完了していない可能性がございます。下記よりお持ちのシリアル番号に適応したプログラムの再インストールをお試しください。▼Windows版 WPS Office 最新プログラムのダウンロードのご案内https://www.kingsoft.jp/office/switching/windows.html Q.アイコンが小さい。 申し訳ございませんが、弊社オフィスソフトのツールバーやアイコンの表示サイズを変更する項目はございません。PC本体の表示倍率などを変更し、操作をお試しください。 Q.WPS Office を言語を選択し英語で使用したい。 申し訳ございませんが、弊社オフィスソフトの言語は日本語のみでございます。 Q.PCで作ったデータをタブレットやスマートフォンでも利用したい。 PCで作成したデータをタブレットやスマートフォンで利用する場合、タブレット・スマートフォン上にWPS

2022-01-07T13:01:43+09:002019年6月21日|

WPS Office製品に同梱されるフォントの種類

WPS Office製品に同梱されるフォントの種類については下記の通りです。 実際のフォントの表示についてはページ下部の画像をご参照ください。 ■『WPS Office Personal Edition / Standard Edition』に同梱されるフォント ・HGゴシックE & HGPゴシックE & HGSゴシックE ・HGゴシックM & HGPゴシックM & HGSゴシックM ・HG行書体 & HGP行書体 & HGS行書体 ・HG教科書体 & HGP教科書体 & HGS教科書体 ・HG明朝B &

2020-12-11T14:40:30+09:002019年3月20日|

WPS Office 製品使用許諾書

WPS Office ライセンス使用許諾契約書 キングソフト株式会社(以下、「当社」といいます。)は、以下の内容にてWPS Officeを購入されたお客様に対し、WPS Office(以下、「本ソフトウェア」といいます)の使用を許諾します。お客様は、このWPS Officeライセンス使用許諾契約書(以下、「本契約書」といいます)の規定に拘束されるものとします。 第1条 定義 「本ソフトウェア」とは、当社の製品であるオフィスソフトWPS Office、これに付随するプログラム(当社による改良版を含みます。)、データ、マニュアル及びフォントやクリップアートを含むその他の付属品をいいます。 第2条 使用許諾 当社は、本契約所定の条件により、お客様に対し、本ソフトウェアの非独占的な使用を許諾します。本契約書には、マニュアル、フォントに関する契約書※1、その他本ソフトウェアにかかわるガイドライン等を含むものとし、お客様は、本契約書に同意することにより、これら関連するすべての契約書等に同意したものとみなします。 ※1 本ソフトウェアに付随する契約書は、ヒラギノフォントライセンス使用許諾書※2及びモトヤフォントライセンス使用許諾書※3があり、以下をご確認ください。 (https://www.kingsoft.jp/office/font-license)、 ※2 ヒラギノフォントはPlatinum Editionに付帯されております。 ※3 モトヤフォントはGold Edition、Premium Presentation、Platinum Editionに付帯されております。 。 第3条 知的財産権 1 本ソフトウェアの著作権及びその他の知的財産権は当社及びKINGSOFT CORPORATIONが所有しています。なお、Visual Basic for Applications(VBA)に関しては、マイクロソフト社に帰属します。 2 当社は、本契約所定の条件により、お客様に対し、本ソフトウェアの非独占的な使用権のみを許諾するものとし、本ソフトウェア及びその一切の派生物にかかる著作権、特許権その他の知的財産権ならびに所有権その他いかなる権利も付与するものではありません。 3 当社はお客様に対し、当社及びKINGSOFT CORPORATIONの商標又はサービスマークの使用、その他関連した権利を許諾するものではありません。 第4条 使用権の内容 1 お客様は、本契約所定の条件に従い、本ソフトウェアを、当社が発行するライセンス証書に記載されているユーザー数を上限として使用することができます。お客様が保有する1台のコンピュータに、お客様自身の1ユーザーが、使用するものとします。なお、他のデバイスからリモートアクセスして使用することはできます。ただし、他のユーザーがリモートアクセスして使用することはできません。 2 お客様の有する使用権は、非独占的なものであり、譲渡不能、再許諾不能、担保提供不能のものです。お客様は本ソフトウェアもしくはその複製物を、他に譲渡、転貸、頒布、担保提供、送信(自動公衆送信、送信可能化を含みます。)もしくは占有の移転をさせず、又は第三者をして使用させないものとします。 第5条 複製・改変等の制限

2019-10-18T12:54:06+09:002016年11月15日|

メールマガジンを受け取らないように設定する

KINGSOFT ユーザー登録を行っていただきますと、新バージョンのお知らせなどのメールマガジンが送信されます。 メールマガジンを受け取らないように設定する場合は、下記の手順を行ってください。 1.ユーザー認証ページにて登録メールアドレスと表示されている文字列を入力して、「認証」をクリックします。 2.届いたメールのURLをクリックしてユーザーページにアクセスします。 3.画面上の「編集」をクリックします。 4.メールマガジンの「受け取らない」にチェックを入れて「更新」ボタンをクリックします。 5.次回以降はメールマガジンが届かない設定になります。

2020-12-11T14:40:33+09:002016年8月30日|

キングソフトオフィス2016 製品使用許諾書

キングソフトオフィス2016 製品使用許諾書 キングソフト株式会社は、お客様に対し、下記の内容でキングソフトオフィス2016(以下本ソフトウェア製品、プログラム、データ、マニュアルおよびこの製品に含まれる全ての付属品)の使用を許諾いたします。 1.著作権 キングソフト株式会社およびKINGSOFT CORPORATIONは、本ソフトウェア製品の全ての著作権を所有します。 また、同梱されているVisual Basic for Applications(VBA)に関してはその著作権はマイクロソフト社に帰属し、キングソフト株式会社およびKINGSOFT CORPORATIONはマイクロソフト社から許諾を受け製品提供を行っています。 2.使用許諾の範囲 お客様は本ソフトウェア製品を、お客様が保有する1台のコンピュータ上で、お客様ご自身が使用する場合のみ使用することができます。 お客様の有する使用権は、非独占的ものであり、第三者に譲渡することはできません。 3.複製・改変の制限 お客様は、ご自身のためにバックアップ目的でのみ、本ソフトウェア製品の複製を行うことができます。それ以外の目的での複製はできません。複製された製品を第三者に使用させることはできません。 キングソフト株式会社は、本ソフトウェアの性能を向上させるために必要な修正を行う場合があります。 お客様は、本ソフトウェア製品を改変することはできません。 4.アフターサービス 本製品のお客さまへのユーザーサポートは、電子メールおよび電話にて行います。 パッケージ製品の場合、本ソフトウェア製品が、媒体不良のために開封時において正常に動作しない場合および梱包内容に不足があった場合には、製品ご購入後30日間以内に限り、無償で交換いたします。また、ユーザーサポート期間はご購入後1年間です。 ただし、本ソフトウェアのご試用期間中および無償期間中は、基本的にはサポート対象外とさせていただきます。 なお、お客様のサポート中に発見された、修正・改善に関する技術情報は、他のお客さまへのサポートに利用させて頂きます。 5.第三者の使用 お客様は、キングソフト株式会社の書面による同意を得なければ、ソフトウェア製品およびその複製物の販売、頒布、貸与、移転その他の方法で、第三者に使用させることはできません。 6.損害賠償の免責 お客様が本ソフトウェア製品を使用された結果の影響について、キングソフト株式会社は、一切の責任および業務から免れるものとします。大切なファイルは必ず、インストール前およびインストール後も頻繁にバックアップをおとり下さい。 いかなる場合にも、キングソフト株式会社の賠償責任が、本ソフトウェアのご購入代金を超えることはありません。この免責規定は、お客様が本ソフトウェアを返品された場合でも適用されます。 7.使用許諾期間 本使用許諾は、お客様が本ソフトウェア製品をインストールしたときより成立します。 本使用許諾は、キングソフト株式会社がお客様に対して事前の通知を出すことにより、または、お客様が本書に記載している事項に違反したことにより終了します。 8.返品について

2018-10-19T11:28:32+09:002016年2月18日|
Go to Top