Writerを起動した時に「WPSは動作を停止しました」と表示される場合は、以下の項目をご確認ください。

【互換性にチェックを付けて動作するか確認する】

Writerのアイコンを右クリックして、「プロパティ」を選択後、「互換性」のタブから「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックを入れてください。
チェックを付けた後、正常にWriterが動作するかどうかご確認ください。
※互換モードは以下の内容を選択ください。
Windows 10の場合・・・Windows 8
Windows 8の場合・・・Windows 8
Windows 7の場合・・・Windows 7

互換

正常に起動した場合は、下記【互換モードにチェックを入れて起動する場合】をご覧ください。
正常に起動しない場合は、プログラムのアンインストールを行った後、再インストールを行って正常に起動するかどうかご確認ください。

 

【互換モードにチェックを入れて起動する場合】

互換性にチェックを付けて正常に起動する場合、PDF作成ソフトなど他のソフトのプラグインが干渉している可能性がございます。
その場合は、下記手順にてプラグインの設定を解除してください。

1.互換性チェックを付けたままでセーフモードで起動します。

●Windows 7の場合
パソコンの電源を切り、電源を入れた直後にF8キーを連打し、詳細ブートオプションを表示させます。(パソコンメーカーによっては表示が異なる場合があります)
方向キーを使って「セーフモードとネットワーク」を選択し、Enterを押すとセーフモードでパソコンが起動します。

詳細ブートオプション

 

●Windows 8.1/10の場合
パソコンの「Shiftキー」を押したまま「再起動」を選択します。
オプションの選択画面が表示されたら、「トラブルシューティング」をクリックします。

オプションの選択
「詳細オプション」を選択します。

トラブルシューティング
「スタートアップ設定」をクリックし、「再起動」をクリックします。

詳細オプション

スタートアップ設定
「スタートアップ設定」の画面が表示されましたら、数字キーかファンクションキーにて「5)セーフモードとネットワークを有効にする」を選択すると、セーフモードでパソコンが起動します。

スタートアップ設定2

 

2.セーフモードで起動されましたら、Writerを起動し、画面右上のWriterの▼印をクリックし、「COMプラグイン」を選択します。

com

3.プラグイン一覧の画面が表示されます。チェックがついているプラグインがありましたら、チェックを外してOKをクリックします。

comプラグイン2

4.パソコンを再起動し、互換性チェックを外してWriterが正常に起動するかどうかご確認ください。