WPS Officeのいずれのソフトでも、作成したファイルを保存しようとすると「ファイルが見つかりません。ファイル名を確認して再実行してください」と表示される場合は、Windows Defenderが影響し、ファイルを正しく保存することができなくなっている可能性がございます。

Windows Defender セキュリティセンターのコントロールされたフォルダーアクセスによってブロックされているアプリを許可し、再度保存をお試しください。
なお、こちらの操作は弊社オフィスソフト上の操作ではなく、OSの設定の変更の操作となりますので、詳細な操作手順につきましてはご利用のPCメーカーへお問い合わせくださいませ。

また、許可するアプリケーションファイルの格納場所は下記内容をご参照ください。
WPS Writer/Spreadshees/Presentationいずれも格納フォルダは共通しております。ファイル名はそれぞれ異なります。

<格納場所>
C:\Program Files (x86)\kingsoft\WPS Office\10.8.2.6694\office6 内
※10.8.2.6694の部分はインストール済みのプログラムのバージョンによって異なります

<ファイル名>
・Writer:wps.exe
・Spreadshees:et.exe
・Presentation:wpp.exe

上記3点のアプリケーションによる、フォルダーアクセスの許可を行なってください。