WPS Office for iOSでは、クラウドにログインをすることで保存先としてクラウドが選択できるようになります。

<クラウドにはログインしていない状態>

クラウドにログインをしていない場合は、保存先としてはアプリ内のみ選択可能です。

ファイルの保存1

クラウドへ保存をするためには、事前にクラウドサービスへのログイン作業が必要です。

<iPhoneでのDropBoxへのログイン>

アプリ起動画面の下部より「Drop Box」のアイコンをタップし、ログインをしてください。

ファイルの保存q

<iPhoneでのその他のクラウドへのログイン>

アプリ起動画面の下部より「クラウド」のアイコンをタップし、ログインをするクラウドサービス名欄の「+」マークをタップしてください。

各サービスのログイン画面へ遷移されましたら、情報を入力しログインしてください。

ファイルの保存3

<iPadでのクラウドへのログイン>

アプリ起動画面の下部より「すべてのファイル」のアイコンをタップし、「その他」を選択してからログインをするクラウドサービス名欄の「+」マークをタップしてください。

各サービスのログイン画面へ遷移されましたら、情報を入力しログインしてください。

ダウンロード

クラウドサービスへのログイン後に「名前をつけて保存」を選択すると「その他」の項目が表示されますので、「その他」を選択、「参照」をタップし使用するクラウドサービスをお選びください。

ファイルの保存4

選択したクラウドサービス内にフォルダが設定されている場合は、保存先となるフォルダを詳細に選択することができます。

選択したフォルダ名が保存先として表示されていることを確認し、「保存」をタップしてください。

ファイルの保存5