WPS Office for Macでの認証エラーについて

平素はキングソフト製品をご利用いただき、誠にありがとうございます。 2019年12月17日(火)~2019年12月18日(水)にかけて、WPS Office for Macにてシリアル認証作業時に弊社サーバー環境での一時的なエラーにより、ネットワークエラーが発生しておりました。 上記お時間に認証作業をお試しいただきましたお客様には、大変ご不便おかけいたしまして申し訳ございません。

2019-12-18T10:43:32+09:002019年12月18日|

WPS Officeインストール時にエラーが発生する場合

WPS Officeのインストール時に発生する可能性のある各エラーに対する対処方法をご案内いたします。 ■「このPCの設定ではストアの確認済みアプリのみがインストールを許可されています」 ■「インストールしようとしているアプリは、Microsoft Storeの確認済みアプリではありません」 上記メッセージについては、WPS

2019-09-13T18:24:21+09:002019年7月13日|

Microsoft Storeアプリの推奨について

WPS Officeのインストール時に、exeファイルのダウンロード・保存後、下記のメッセージが表示される場合があります。 ※メッセージの文章はご利用のWindows10のバージョンにより、異なります。 ■「このPCの設定ではストアの確認済みアプリのみがインストールを許可されています」 ■「インストールしようとしているアプリは、Microsoft Storeの確認済みアプリではありません」

2019-09-13T18:12:35+09:002019年7月13日|

Chatbotへのお問い合わせ

Chatbotへのいただきましたお問い合わせをご紹介します。 Q.「指定したシリアル番号は既定のユーザー数を超えたため、認証に失敗しました。」「WPS Officeの認証エラーが発生しました。」とエラーが表示される。 A.「すぐに認証」をクリックした後に表示されるエラーメッセージによって、解消方法が異なります。 下記ページより各メッセージごとの操作をお試しください。 ▼WPS

2020-12-11T14:40:30+09:002019年6月21日|

Windows Updateを適用するとレイアウトが崩れてしまう事象について

平素はキングソフト製品をご利用いただき、誠にありがとうございます。 2019年4月下旬に配信されたWindows Updateを適用すると、WPS Officeでファイルを開いた際に、もともと挿入されていた図形の縦横比が変わってしまったり、Spreadsheetsでは列幅や改ページが変わってしまう事象が発生しております。 本事象につきましては、Windows Update後にフォントの幅が変更されてしまうこと、画面が横伸びして見えてしまうことが原因として考えられます。 2019年5月17日時点の最新アップデートプログラムを適用し、事象が改善する可能性がございますのでアップデート状況をご確認ください。

2019-05-17T17:00:04+09:002019年5月17日|

製品ユーザー登録の情報の変更について

製品ユーザー登録(https://pay.kingsoft.jp/customer/regist/regist-customer)の登録情報の変更をされる場合、登録済みのメールアドレスがご利用可能な状態である必要がございます。 そのため、登録済みメールアドレスが現在ご利用いただけず、内容の変更を希望される場合は、弊社サポートセンター(wps@kingsoft.jp)まで、下記内容をご連絡ください。 <ユーザー登録情報の変更> ■登録されているお名前: ■登録されているメールアドレス: ■改めて登録するメールアドレス:

2019-08-01T16:27:19+09:002019年5月1日|

WPS Officeを起動すると英語表記で表示される

WPS Officeを起動すると、ツールバー等が英語表記となってしまう場合は、インストールされているプログラムが異なります。 正しいプログラムのインストール手順をご案内いたしますので、上記事象が発生している旨をご明記の上、ライセンスカードやシリアルキー(番号)発行メールに記載されたシリアルキー(番号)をサポートセンターまでメールにてお送りください。 (→wps@kingsoft.jp) また、ライセンスカード同梱PCを購入されている場合は購入された販売店名も併せてお知らせくださいませ。 なお、国際版のWPS

2019-04-24T12:54:02+09:002019年4月24日|
Go to Top