【Mac】製品ユーザー登録ページの利用について

WPS Office for Macのシリアル番号につきましては、現在ユーザー登録ページが一時ご利用いただけない状況でございます。 こちらの事象につきましては、ただいま改修作業中となりますので、改修完了次第のご利用再開となります。 お客様には大変ご不便をおかけし、申し訳ございません。 PCの入れ替え作業を実施されたり、再インストールによる認証のエラーが発生している場合は、大変お手数でございますが下記内容を弊社サポートセンターまでご連絡くださいませ。 □宛先:wpsmac@kingsoft.jp ■お持ちのシリアルキー(番号): ■お問い合わせの内容 例:PCの入れ替え作業 / 認証失敗のエラーが表示されている 何卒、よろしくお願い申し上げます。

2020-02-21T16:38:10+09:002020年1月21日|

WPS Officeの動作環境について教えてください。

WPS Officeの動作環境は下記のとおりです。 OS: Microsoft Windows 10/8.1 日本語版(32bit・64bit) ※Windows 10Sモードは非対応です。 ※Windows 8につきましては、Windows 8.1にバージョンアップしてからご利用ください CPU: 1GHz以上 メモリ: 1GB以上 HDD: 1.5GB以上の空き領域 その他: インターネット接続環境が必要です。 ※ お客様のパソコンの環境が上記の動作環境を下回りますと、WPS Officeは、正常に動作しない可能性がございます。 ※  メーカーPC以外の自作PCや、仮想環境では正常に動作しない可能性がございます。あらかじめご了承ください。 ※ 体験版が以下のページからダウンロードできます。お客様のパソコンで一度お試しください。https://www.kingsoft.jp/office/

2020-11-18T18:28:55+09:002020年1月14日|

【Mac】シリアル入力時に「無効なシリアル番号です」と表示される

WPS Office for Macの製品版シリアル番号を入力した際に、<無効なシリアル番号です>というエラーメッセージが表示されることがあります。 WPS Office for Macの体験版プログラムでは、製品版シリアル番号の認証ができません。 お手数をおかけしますが、オンラインショップでご購入いただいた際に送付しております「シリアル番号発行メール」に記載の専用プログラムダウンロードURLより、製品版プログラムのダウンロード・インストールを行ってください。   ■WPS Office for Macのインストール手順について https://support.kingsoft.jp/wps/wps_mac/mac_install.html  

2020-12-11T14:40:30+09:002020年1月10日|

WPS Office for Androidのインストールおよび認証方法

WPS Office for AndroidのインストールはPlay ストアにて行ってください。 Play ストアを起動し、「WPS」を検索し下記アプリのインストール作業を行ってください。 当アプリは、広告表示型のアプリのため課金およびシリアル認証をしないままでも基本機能はご利用いただけます。 なお、シリアル認証に必要なシリアルキー(番号)によって認証方法が異なります。 PC用としてお買い求めいただきました25桁のシリアルキー(番号)をお持ちの方は下記ページ手順をお試しいただくことで、広告を非表示にすることができます。 ■WPS Office for Androidにて広告を非表示にする方法 https://support.kingsoft.jp/wps/wps_app/wpsfanoad.html WPS Office for Mobile用の英数字12桁のシリアルキー(番号)をお持ちの方は下記ページ手順をお試しいただくことで、Premium版へのアップグレードをすることができます。 ■WPS Office for AndroidでPremium版対応のシリアル番号を入力する方法 https://support.kingsoft.jp/wps/wps_app/wpsfa_serial.html ※KINGSOFT Office for Androidのシリアル番号(数字12桁)をお持ちの方も、WPS Office for Androidに入力してご利用いただくことができます。

2020-12-11T14:40:30+09:002020年1月7日|

WPS Office for Macでの認証エラーについて

平素はキングソフト製品をご利用いただき、誠にありがとうございます。 2019年12月17日(火)~2019年12月18日(水)にかけて、WPS Office for Macにてシリアル認証作業時に弊社サーバー環境での一時的なエラーにより、ネットワークエラーが発生しておりました。 上記お時間に認証作業をお試しいただきましたお客様には、大変ご不便おかけいたしまして申し訳ございません。 現在は弊社サーバーは復旧しており、通常どおり認証作業が可能でございます。 大変お手数ではございますが、再度認証作業をお試しくださいませ。 何卒、よろしくお願い申し上げます。

2019-12-18T10:43:32+09:002019年12月18日|

WPS Office for Mac 製品使用許諾書

WPS Office for Mac 製品使用許諾書 WPS Office for Mac ライセンス使用許諾契約書   Kingsoft Office Software Corporation Limited(以下、「当社」といいます。)は、以下の内容にてWPS Office日本語版を購入されたお客様に対し、WPS Office日本語版(以下、「本ソフ トウェア」といいます)の使用を許諾します。お客様は、このWPS Officeライセンス使用許諾契約書(以下、「本契約書」といいます)の規定に拘束されるものとします。   第1条 定義 「本ソフトウェア」とは、当社の製品であるオフィスソフトWPS Office、これに付随するプログラム(当社による改良版を含みます。)、データ、マニュアル及びフォントやクリップアートを含むその他の付属品をいいます。   第2条 使用許諾 当社は、本契約所定の条件により、お客様に対し、本ソフトウェアの非独占的な使用を許諾します。本契約書には、マニュアル、フォントに関する契約書、その他本ソフトウェアにかかわるガイドライン等を含むものとし、お客様は、本契約書に同意することにより、これら関連するすべての契約書等に同意したものとみなします。   第3条 知的財産権 1 本ソフトウェアの著作権及びその他の知的財産権は当社が所有しています。 2 当社は、本契約所定の条件により、お客様に対し、本ソフトウェアの非独占的な使用権のみを許諾するものとし、本ソフトウェア及びその一切の派生物にかかる著作権、特許権その他の知的財産権ならびに所有権その他いかなる権利も付与するものではありません。 3 当社はお客様に対し、当社の商標又はサービスマークの使用、その他関連した権利を許諾するものではありません。   第4条 使用権の内容 1 お客様は、本契約所定の条件に従い、本ソフトウェアを、当社が発行するライセンス証書に記載されているユーザー数を上限として使用することができます。お客様が保有する1台のコンピュータに、お客様自身の1ユーザーが、使用するものとします。なお、他のデバイスからリモートアクセスして使用することはできます。ただし、他のユーザーがリモートアクセスして使用してはいけません。 2 お客様の有する使用権は、非独占的なものであり、譲渡不能、再許諾不能、担保提供不能のものです。お客様は本ソフトウェアもしくはその複製物を、他に譲渡、転貸、頒布、担保提供、送信(自動公衆送信、送信可能化を含みます。)もしくは占有の移転をさせず、又は第三者をして使用させないものとします。

2019-10-18T12:45:52+09:002019年10月18日|

WPS Office製品種別一覧

WPS Officeには下記種別がございます。 ・WPS Office Platinum Edition ・WPS Office Gold Edition ・WPS Office Standard Edition ・WPS Office Personal Edition ・WPS Premium Presentation 種別によってご利用可能なプログラムが異なりますので、製品種別一覧をご確認ください。 <WPS Office Platinum Edition > ・販売価格(税込)   : 10,280 円 ・利用可能なプログラム:Writer/Spreadsheets/Presentation ※ワープロ(Writer)+表計算(Spreadsheets)+プレゼンテーション(Presentation)

2020-03-31T15:31:58+09:002019年7月13日|

WPS Officeインストール時にエラーが発生する場合

WPS Officeのインストール時に発生する可能性のある各エラーに対する対処方法をご案内いたします。 ■「このPCの設定ではストアの確認済みアプリのみがインストールを許可されています」 ■「インストールしようとしているアプリは、Microsoft Storeの確認済みアプリではありません」 上記メッセージについては、WPS Officeをインストールする際に、exe実行形式のインストールをすぐに実施させないようにWindowsより表示されている内容でございます。 下記ページの内容をご参照くださいませ。 ▼Microsoft Storeアプリの推奨について https://support.kingsoft.jp/wps/w10storeapp.html ■「このページのスクリプトでエラーが発生しました」 WPS Officeをインストールし、インストール完了後の画面にてスクリプトエラーが表示されてしまうことがございます。 スクリプトエラーにつきましては、広告が正しく表示されなかった場合に表示されてしまうエラーのためインストールは正しく完了しております。 ▼スクリプトエラーが表示される https://support.kingsoft.jp/wps/scripterror.html ■「ファイルの解凍に失敗しました」 ■「NSIS Error」 プログラムインストール時に、ダウンロード完了後、exeファイルの実行をすると「ファイルの解凍に失敗しました」や「NSIS Error」が表示される場合は、exeファイルのダウンロードに失敗している可能性が考えられます。 下記ページの内容をご参照くださいませ。 ▼「ファイルの解凍に失敗しました」や「NSIS Error」と表示される https://support.kingsoft.jp/wps/installerror.html

2019-09-13T18:24:21+09:002019年7月13日|

Microsoft Storeアプリの推奨について

WPS Officeのインストール時に、exeファイルのダウンロード・保存後、下記のメッセージが表示される場合があります。 ※メッセージの文章はご利用のWindows10のバージョンにより、異なります。 ■「このPCの設定ではストアの確認済みアプリのみがインストールを許可されています」 ■「インストールしようとしているアプリは、Microsoft Storeの確認済みアプリではありません」 ■「Microsoft Storeに同様のアプリがあります」 上記メッセージについては、WPS Officeをインストールする際に、exe実行形式のインストールをすぐに実施させないようにWindowsより表示されている内容でございます。 「了解してインストール」ボタンが表示されている場合は、こちらをクリックしインストールを開始することができます。 「設定」「設定を開く」ボタンが表示されている場合は、こちらをクリックするとWindowsの設定画面が起動いたしますので、表示されたメニューより「アプリと機能」をお選びいただくと「アプリのインストール」の項目が選択できます。こちらで「アプリの推奨を無効にする」「任意の場所のアプリを許可する」をお選びくださいませ。 上記設定後、再度インストール作業をお試しくださいますでしょうか。 なお、上記設定が正しくできない場合はご利用のPCメーカーへお問合せくださいませ。 ■「セキュリティとパフォーマンスのために、Windows10Sでは確認済みアプリのみが実行されます」 上記メッセージにつきましては、Windows10Sモードの状態で表示される内容でございます。 WPS Officeは Windows 10(Sモード)のパソコンは非対応です。 Windows 10(Sモード)のパソコンに、WPS Officeの製品版はダウンロード・インストールできません。 WPS Office 体験版がプリインストールされたWindows 10(Sモード)のパソコンで製品版をご利用になりたい場合は、Windows 10(Sモード)の解除後に製品版のダウンロード・インストールをおこなうことを推奨しております。 (Windows 10(Sモード)の解除方法およびご注意事項については、お使いのパソコンメーカーサポートにご相談ください)

2019-09-13T18:12:35+09:002019年7月13日|

KINGSOFT Office 2016 サポート終了のお知らせ

平素は、弊社製品をご愛用いただき誠にありがとうございます。   KINGSOFT Office 2016 は、2019年6月28日(金)をもちまして製品サポートを終了とさせていただきます。 旧製品となりますKINGSOFT Office 全製品について、不具合の改修、操作案内、シリアル番号認証解除等の技術サポートの対象外となりますことをご了承ください。 ※シリアル番号認証解除については、下記ページより製品ユーザー登録を行っていただくことで、お客様ご自身にて対応可能です。 製品ユーザー登録ページ https://pay.kingsoft.jp/customer/top/regist   キングソフトでは皆様に新しいバージョンをご利用いただくことで、製品サポートをより充実させ、快適にお使いいただけるよう体制を整備しております。最新製品のWPS Officeについても変わらぬご愛顧をいただけますよう、何卒よろしくお願いいたします。

2019-06-28T20:18:38+09:002019年6月28日|

Chatbotへのお問い合わせ

Chatbotへいただきましたお問い合わせをご紹介します。 WPS Office 全般 Q.「指定したシリアル番号は既定のユーザー数を超えたため、認証に失敗しました。」「WPS Officeの認証エラーが発生しました。」とエラーが表示される。 「すぐに認証」をクリックした後に表示されるエラーメッセージによって、解消方法が異なります。下記ページより各メッセージごとの操作をお試しください。▼WPS Officeで、認証失敗のエラーが表示され利用できない場合https://support.kingsoft.jp/wps/sippai.html Q.シリアルの入力方法がわからない、製品を購入したのに、体験版という表示が出る。 WPS Officeは、製品用シリアル番号を入力することで、製品版へ切り替えてご利用いただくことができます。体験版を一度でもインストールしているPCの場合、製品版プログラムを再インストール後も体験版として起動しますが、体験版プログラム内へシリアル番号を入力し、ソフトを再起動することで体験版の表示を消すことができます。下記手順よりシリアル番号をご入力ください。1. WPS Officeの3つのソフトから、どれか1つを起動して下さい。2. 画面右上のヘルプアイコン(?マークのボタン)をクリックして下さい。3. 表示されたメニューより「シリアル管理」をクリックして下さい。  ※クラシックインターフェースの場合、「ヘルプ」→「シリアル管理」とクリックしてください。4. ユーザーアカウント制御の画面が表示されたら、「はい」をクリックして下さい。5. 「シリアル管理」の画面が表示されます。「追加」をクリックすると、シリアル入力欄が表示されるので、お持ちのシリアルキー(番号)をすべて半角英数で入力して下さい。6. 入力が終了したら「OK」をクリックし、「シリアル管理」の画面も「OK」で終了して下さい。 Q.シリアル番号を確認したい。 WPS Officeいずれかのプログラムが起動可能な状態の場合は、下記手順よりシリアル番号をご確認ください。1.WPS Officeのソフトをどれか1つ起動してください2.ソフトが立ち上がりましたら画面右上の小さな「?」マークのアイコンをクリック3.表示されるメニューの中から「シリアル管理」をお選びください(ソフトのデザインがリボン形式ではなく、クラシックタイプをご利用の場合は「?」マークではなくツールバーの中から「ヘルプ」を選択⇒「シリアル管理」を選択)4.ユーザーアカウント制御が表示されましたら「はい」でお進みください5.「シリアル管理」の画面が表示されます6.「登録済みシリアル」の欄に表示されている英数字混合の5桁×5ブロックの文字列がお客様のシリアル番号となります(※※2段以上表示されている場合は「VLR~」始まるものは、体験版に自動的に振られるシリアル番号でございますので、こちら以外がお客様のシリアル番号でございます) Q.ファイルを削除してしまった、ファイルを復元したい、ソフトが強制終了してしまった。 ファイルをデスクトップやドキュメント上から、ゴミ箱へ移動をしてしまっただけの場合は、ゴミ箱をご確認いただき、該当ファイルを元に戻す操作をお試しください。また、文書編集画面にて文書をすべて白紙にして上書き保存をしてしまったり、ゴミ箱が空になってしまっている場合は下記手順をお試しください。1.Writer/Spreadsheets/Presentationいずれかを起動2.画面左上のタイトルバーをクリック3.表示されたメニューより「ドキュメントの回復」を選択4.画面右に表示されたワークウィンドウにて「バックアップ表示」をクリック5.表示されたフォルダにて、ファイル名と更新日時をご確認ください6.該当するファイルがございましたらダブルクリックで起動7.復元をしたいデータが残っておりましたら、画面左上のタイトルバーをクリック8.表示されたメニューより「名前をつけて保存」をクリック9.ファイルの場所を「デスクトップ」や「ドキュメント」に変更10.ファイル名を変更し、保存をしてください上記操作にてファイルの復元をすることができますが、バックアップファイルが残っていなかった場合は、復元をすることはできかねます。▼バックアップファイルの場所についてhttps://support.kingsoft.jp/wps/wps_p/backup.html Q.WPS Office 777種類のクリップアートが表示されない。 体験版をもともと利用しており、製品版の再インストールが完了していない可能性がございます。下記よりお持ちのシリアル番号に適応したプログラムの再インストールをお試しください。▼Windows版 WPS Office 最新プログラムのダウンロードのご案内https://www.kingsoft.jp/office/switching/windows.html Q.アイコンが小さい。 申し訳ございませんが、弊社オフィスソフトのツールバーやアイコンの表示サイズを変更する項目はございません。PC本体の表示倍率などを変更し、操作をお試しください。 Q.WPS Office を言語を選択し英語で使用したい。 申し訳ございませんが、弊社オフィスソフトの言語は日本語のみでございます。 Q.PCで作ったデータをタブレットやスマートフォンでも利用したい。 PCで作成したデータをタブレットやスマートフォンで利用する場合、タブレット・スマートフォン上にWPS

2022-01-07T13:01:43+09:002019年6月21日|

Windows Updateを適用するとレイアウトが崩れてしまう事象について

平素はキングソフト製品をご利用いただき、誠にありがとうございます。 2019年4月下旬に配信されたWindows Updateを適用すると、WPS Officeでファイルを開いた際に、もともと挿入されていた図形の縦横比が変わってしまったり、Spreadsheetsでは列幅や改ページが変わってしまう事象が発生しております。 本事象につきましては、Windows Update後にフォントの幅が変更されてしまうこと、画面が横伸びして見えてしまうことが原因として考えられます。 2019年5月17日時点の最新アップデートプログラムを適用し、事象が改善する可能性がございますのでアップデート状況をご確認ください。 なお、最新アップデートプログラムを適用しても事象が改善しない場合、大変恐れ入りますが4月下旬以降に配信されたアップデートプログラムを一時的に削除し、ファイルの動作をご確認ください。

2019-05-17T17:00:04+09:002019年5月17日|

製品ユーザー登録の情報の変更について

製品ユーザー登録(https://pay.kingsoft.jp/customer/regist/regist-customer)の登録情報の変更をされる場合、登録済みのメールアドレスがご利用可能な状態である必要がございます。 そのため、登録済みメールアドレスが現在ご利用いただけず、内容の変更を希望される場合は、弊社サポートセンター(wps@kingsoft.jp)まで、下記内容をご連絡ください。 <ユーザー登録情報の変更> ■登録されているお名前: ■登録されているメールアドレス: ■改めて登録するメールアドレス: また、製品ユーザー登録を新規で行なった際に、シリアル番号がすでに登録されていると表示される場合は、お手元のシリアル番号と、登録されている可能性があるお名前を弊社サポートセンター(wps@kingsoft.jp)までお送りください。

2019-08-01T16:27:19+09:002019年5月1日|

WPS Officeを起動すると英語表記で表示される

WPS Officeを起動すると、ツールバー等が英語表記となってしまう場合は、インストールされているプログラムが異なります。 正しいプログラムのインストール手順をご案内いたしますので、上記事象が発生している旨をご明記の上、ライセンスカードやシリアルキー(番号)発行メールに記載されたシリアルキー(番号)をサポートセンターまでメールにてお送りください。 (→wps@kingsoft.jp) また、ライセンスカード同梱PCを購入されている場合は購入された販売店名も併せてお知らせくださいませ。 なお、国際版のWPS Officeをご利用の場合は、弊社サポートセンターではサポート対象外となりますのでご了承ください。

2019-04-24T12:54:02+09:002019年4月24日|
Go to Top