WPS Office/KINGSOFT Office

製品版をインストールしたのに「体験版」と表示される

KINGSOFT Office 2016よりインストール方法が変更になりました。 プログラムのインストール後にシリアル番号を入力いただくようになっております。 「体験版」と表示される場合、シリアル番号の入力がお済みではない可能性がございます。 お手数ではございますが、以下の手順にてシリアル番号の入力を行ってください。

2020-06-24T11:53:23+09:002018年4月26日|

シリアル番号を入力したのに「未認証」と表示される

シリアル番号入力直後は「未認証」と表示されますが、プログラムを起動すると10日程度で認証が行われ「有効」と表示が変わります。 「未認証」の表示のままでもプログラムを正常起動できる場合は問題ありません。 また、インターネット接続がないパソコンでは「未認証」のままですが、機能制限なくそのままお使いいただけます。 シリアル管理の画面で「未認証」と表示され、プログラム起動時に「ビューワーモードへ」という画面が出てファイルの編集ができなくなる場合 シリアル番号の認証に問題が発生している可能性がございます。「すぐに認証」をクリックし、お客様が購入したシリアル番号の認証を行ってください。 「すぐに認証」をクリックした後に表示されるエラーメッセージの内容によって、解決方法が異なります。

2020-12-11T14:40:31+09:002018年4月26日|

「指定したシリアル番号は規定のユーザー数を超えたため、認証に失敗しました」と表示される

パソコンの変更を行ったりOSの再インストールを行った後、シリアル番号を入力しても、 「指定したシリアル番号は規定のユーザー数を超えたため、認証に失敗しました」 と表示されることがございます。 また、ご利用のパソコンの環境によっては、パソコン1台でご利用いただいているにも関わらずこのメッセージが表示されることがございます。 その場合は、ユーザー登録を行いシリアル番号の認証情報を解除してください。 ユーザー登録ページ:

2018-10-19T11:22:49+09:002018年4月26日|

WPS Office for Androidにて広告を非表示にする方法

1. WPS Officeのアプリをタップして起動してください。   2. 初回起動時には広告表示システムについての確認画面が表示されますので、内容をお読みいただき「同意する」をタップすることでアプリが起動します。 3.Android6.0以上の端末では、許可を求める画面が表示されますので、「許可」をタップしてください。 4.アプリ起動後、画面右下の「アカウント」をタップし、表示された項目より「広告を非表示にする」をタップしてください。

2020-12-11T14:40:31+09:002018年4月21日|

差し込み印刷をする方法

差し込み印刷を行うには以下の手順を行ってください。 ※前提として、差し込み印刷は、差し込むデータ(データソース)が必要となります。以下のaddressbookというサンプルデータを元に説明いたしますので、ダウンロードしてお使いください。 <<addressbook>> 1.WPS Writerを起動し、メニューの「参照」から「差し込み印刷」アイコンをクリックします。 2.「差し込み印刷」ツールバーが画面に表示され、「データソースを開く▼」>「データソースを開く(E)」をクリック 3.WPS Spreadsheetsで作成した住所録のファイル「addressbook」を選択し「開く(0)」をクリック

2020-12-11T14:40:31+09:002018年4月12日|

softbankのメールアドレスで購入する場合のご注意

キングソフトオンラインショップでシリアル番号を購入する際に、 メールアドレスを「~@i.softbank.jp」や「~@softbank.jp」などソフトバンクのドメインのメールアドレスを登録されると、 シリアル番号が記載されたメールだけがsoftbankの迷惑メールフィルターサービスで削除されてしまい、 お客さまにシリアル番号が届かない事象が発生するようです。 softbankの携帯電話をご利用の方は、なるべく他のメールサービス(GmailやYahoo!メールなど)のメールアドレスで購入手続きをおこなってください。 softbankのメールアドレスしかお持ちではない場合は、

2018-09-27T16:30:32+09:002018年3月24日|

WPS Office for iOSでファイルを画像で共有する

WPS Office for iOSで作成したファイルを画像で共有する場合は下記の手順をお試しください。 WPSアカウント設定がされていない場合は操作ができない可能性がありますので、先にWPSアカウントの設定を行なってください。 WPSアカウントの設定方法はこちら

2020-12-11T14:40:31+09:002018年3月23日|

WPS Office for iOSのWPS会員ログイン方法

WPS Office for iOSで課金オプションをご利用いただく場合には、Googleなどのアカウントと連携をするかWPS会員としてログインを行なってください。 WPS会員のログイン手順・新規アカウント作成手順をご案内いたします。 1.ご希望の課金種別の「購入」ボタンをタップし、「WPS」を選択

2020-12-11T14:40:31+09:002018年3月23日|

WPS Office for iOS Ver.8.2.2新機能について

バージョン8.2.2にて追加された新機能をご紹介します。 一部機能については課金またはWPSアカウントでのシリアル認証が必要となります。 <追加機能> ・PDF編集モード ・Spreadsheetsから電話をかける ・出力した画像に透かしを追加

2018-09-27T16:41:06+09:002018年3月23日|

WPS Office POSA版を購入した場合のインストール方法

店頭販売されているWPS Office パッケージ製品で、POSA版の場合は、以下の方法で事前にシリアル番号を発行し、製品のダウンロード・インストールをおこなってください。 1.PIN交換サイトにアクセスし、カードに記載されている「SBBPIN」とお客様のメールアドレスを入力し「PINを取得する」ボタンをクリックします https://ex.pegasus2.jp/ 2.「PINを取得する」ボタンの下に、「正規PIN(ライセンスコード)」が表示されます。このシリアル番号をプリントアウトしたり、メモをとっておきます。

2020-12-11T14:40:31+09:002018年1月1日|

添付ファイルをWPS Office for iOSで開く

メールで添付されたファイルをWPS Office for iOSで開く場合は、iPhone/iPadのデフォルトのールアプリをご利用ください。 1.メール内の添付ファイルのアイコンをタップし、ファイルをメールアプリ内でプレビュー表示をします 2.プレビュー画面の右上の矢印のアイコンをタップし、表示されたメニューより「WPS

2020-12-11T14:40:31+09:002017年12月10日|

WPS Office for iOS Ver.8.00新機能について

バージョン8.00にて追加された新機能をご紹介します。 下記機能はツールの項目内にございます。 一部機能については課金またはWPSアカウントでのシリアル認証が必要となります。 <追加機能> ・画像で共有 ・PDFをDOCに変換

2018-09-27T16:41:50+09:002017年12月10日|
Go to Top