WPS Office/KINGSOFT Office

WPS Office for iOSのバックアップ機能について

WPS Office for iOSにはバックアップ機能がございます。 ファイル編集時にアプリが強制終了した場合や、端末の電源が切れた場合などファイルが保存されない状態でアプリが終了した際に復元をすることができます。 前回起動時にファイルが保存されず、アプリが終了した場合は次回起動時にメッセージが表示されます。

2020-12-11T14:40:31+09:002017年10月30日|

WPS Office for iOSでファイルをクラウドに保存

WPS Office for iOSでは、クラウドにログインをすることで保存先としてクラウドが選択できるようになります。 <クラウドにはログインしていない状態> クラウドにログインをしていない場合は、保存先としてはアプリ内のみ選択可能です。

2020-12-11T14:40:31+09:002017年10月30日|

WPS Office for iOSのWriterで画像を挿入する

WPS Office for iOSのWriterで画像を挿入する場合は以下の操作をお試しください。 1.画像を挿入位置でカーソルが点滅している状態で画面下の「+」マークをタップし、既存の画像データまたはカメラを起動して画像を選択もしくは撮影します。 2.挿入した画像を選択し画面下の上向きのマークをタップすると編集メニューが表示されます。

2020-12-11T14:40:31+09:002017年9月8日|

WPS Office for iOSでファイルの送信をする

WPS Office for iOSで作成したファイルを他アプリを経由して送信する場合は以下の操作をお試しください。 1.送信したいファイルのタイトル右の「i」マークをタップします。 2.表示された画面左下の矢印のアイコンをタップします。

2020-12-11T14:40:31+09:002017年9月7日|

WPS Office for iOSのSpreadsheetsで連続データの入力をする

WPS Office for iOSのSpreadsheetsにて自動フィルを利用する場合は、以下の操作をお試しください。 1.連続データを入力するセルの行列の先頭となるセルを長押しし、表示されたメニューより「自動フィル」をタップします。 2.表示された矢印のマークを、連続データの進行方向にスワイプします。

2020-12-11T14:40:31+09:002017年9月7日|

WPS Office for iOSとPC間でファイルを転送する

WPS Office for iOSとPC間で作成したファイルの転送をする場合は以下の操作をお試しください。 1.「ファイル転送」アイコンをタップします。 2.表示されたアドレスをPCブラウザ内のアドレスバーに入力します。

2020-12-11T14:40:31+09:002017年9月7日|
Go to Top